公開観客動員数


2017年12月5日。

12月です。師走です。年の瀬です。
一年なんてあっという間です。
歳をとる訳です・・

この頃になると一年魚のハゼたちも大きく成長し、
産卵期を迎えてオスもメスも深場に落ちています。
(一部のハゼは、浅場でも産卵するそうです。)

毎年、11月中旬以降・・
江戸川放水路のハゼ釣りは、
市川埠頭内にあるポイントへボートを出します。

夏の浅場で誰でも釣れる簡単だったハゼ釣りも
冬の深場では、急激に難易度が上がります。
深場では、プロのハゼ釣師たちが、鎬を削りながら腕を競い合います。
とても恐ろしい時期です。
筆者も毎年挑戦しますが、プロたちの足元にも及びません。

という事でビビリながら・・
「たかはし遊船」に行ってきました。
(玉砕必至)

 






当日の気象情報

■日程 2017年12月月5日(火)
■日の出/日の入り 06:34/16:26
■潮周 中潮
■波 1.5m後1m
■干潮時間(潮位) 11:52(95cm)
■満潮時間(潮位) 06:18(199cm)/17:18(202cm)
■天気 晴れ
■降水量 0.0mm
■気温 最低5℃、最高14℃
■湿度 83%〜44%
■風向・風速 西1m/s〜南西5m/s
※気象庁当日発表資料(千葉県船橋市観測)

最高気温は、14℃まで上がりましたが
風が吹くと寒かったですね・・


事前に「たかはし遊船」のウエブ情報を確認したら
深場への曳船(ボートをポイントまで引っ張ってもらう)は、
午前6時15分と午前7時30分の2便とのこと。

よしよし。
ならばゆっくりと午前7時30分の便で行こう!


ギリギリ到着・・



あれ?誰もいない。


出迎えてくれた「小川船長」に挨拶すると・・
休日は、2便出しているが
今日は、平日なので午前6時15分の1便しか出ないという。

アッチャー!
そっかあ・・うっかり休日の情報を見ていました。

筆者が、しょんぼりしていると・・

「でも、せっかく来たんですから送りますよ。」
・・と、優しく「小川船長」が言う。
(ごめんなさい)
桟橋をトボトボと歩いていると「新井船長」に声を掛けられる。
「今から行くの?随分と遅いね・・」(新井船長)
「えへへ」(苦笑いの筆者)

←ピンクの合羽がよく似合う。
なんでもシジミ漁をして来たとのこと。
「今日は、不漁だったね・・」(新井船長)
エンジン付きに乗って・・
深場まで乗せてもらいます。
今日は、銀座東作の鯊和竿を4本持ってきました。
手羽根竿(水雷)1本にリール竿3本。
桟橋からすぐのところに係留してあるボートを括り付けて
ポイントまで行きます。

この日、「小川船長」が選んでくれたのはピンクのボートでしたが、
一艘だけを曳くとバランスが悪いみたいで凄いことになっています。

短いですが、動画をアップしてみました。



まるでアトラクションです・・www

※音楽が流れますのでボリュームにご注意ください!※



JR京葉線や首都高速湾岸線の橋をくぐって・・
江戸川放水路の河口域を右に曲がると市川埠頭内です。
近年、建設された大規模な配送センター前が、ポイントです。

←たくさんのボートが出ていますね。
最初に向かったのは・・