◇ぶぶまるちびれぽ◇ お気楽♪極楽♪桟橋はぜ釣り2022年文月

たかはし遊船

●ぶぶまるちびれぽ July 08, 2022

2022年07月08日(金)

毎度おなじみ「たかはし遊船」です。
とは言っても今年は、いろいろありまして・・
潮干狩り以外でお邪魔したのは、今日が初めてです。


午前10時過ぎに現着。


平日なので船宿前の駐車場もスッカスカ!

↑あれ?赤い屋根と白い壁の“スヌーピーハウス”がなくなってました。(ちょっと寂しい)
黒くて新しい小屋が設置されています。
こうして見ますと、ひとまわり小さくなりましたね。


どれどれ。
早速、中に入ってみましょう!


ほぉ!
こんな感じですか♪

煉瓦調の壁がとってもオシャレです。
左側にあるウイスキーの樽や簾が絶妙にマッチしています。


小屋の真向かいにあるのは、遊漁船と潮干狩り渡船のスケジュール。
シロギス釣りも行きたいなあ・・


釣果ノートの横の箱には、潮見表とオリジナルステッカー。
クーラーボックスに一枚貼りましょう!


桟橋をテクテク行くと・・


「新井さん」が腰掛けてました。

「今日は、北東の風が強いからハゼは厳しいよー!」
「まあ、上手な人は釣るけどねー」
「昨日も“溝口師匠”が350尾、“糸原さん”が230尾くらいだったかなー」

釣果や雑談をしながら・・
新しくなった小屋や杭、浮桟橋について説明も受ける。


ここから先が新しくなった浮桟橋。
表面が、スジが入ったウッドデッキ(人工木製)なので滑らずグリップ力アップ!
元気な子供たちや脚が弱った爺様たちも安心です。(こらこら)


横から見るとかなり頑丈な作りです。
船が係留できるようにボラードも設置してあります。


ぷらぷらしてる筆者に・・
「せっかく来たんだから遊んでったら?」
・・と、「新井さん」が声をかけてくる。


それではと・・
桟橋料金1,000円を支払い、竿を準備する。(午前10時半過ぎ)


まだこの時期のハゼは小さいから
袖鈎2号で十分でしょう。


上潮でどんどん水位が上がってきますので
小屋のすぐ近くで仕掛けを落としてみます。(ちなみにマル秘エサね)


ポチャン・・


ククッ!(アタリ)
食い込みが浅いのでちょっと送り込んで・・
ゆっくりと穂先をほんの少しだけ上げる。
・・と、4センチほどの可愛らしいデキハゼが釣れました。


釣っては、逃し・・
逃しては、釣って・・


カワイイのを20尾ほど釣りました。


潮が効いているので
こんな場所でも釣れます。


キューーーーーン!
と、なかなかの引きを見せたのは、種別同定(特定)が困難なギンポ系の仲間。
一瞬、“おヒネ様”(ヒネハゼ)かと思いましたよ。w


この日は、時折、晴れ間も出ましたが、どんより曇り空の梅雨のような天気です。
今年(2022年)は、6月中旬に梅雨明けして驚きましたね。
でも・・
ここ最近は、日本列島に線状降水帯が発生して、まるで梅雨に戻ったような感じです。


時計を見たらちょうど正午でした。


「新井さん」にご挨拶して帰ります。
またね♪

●釣果情報

・マハゼ 20尾 (デキのみ)
ギンポ 1尾
実釣1時間30分。
釣れたお魚は、すべてリリースしました。
大きくなったらまた会いましょう!

●船宿情報

千葉県行徳「たかはし遊船」
〒272-0111 千葉県市川市妙典13-16-11
047-357-0513
090-6933-7997(船宿直通)※ご注意!番号変更!
090-3314-8344(高橋船長)
https://www.gyo.ne.jp/takahashi_y/


また来ましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました